【紹介】出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと (花田 菜々子)

商品の詳細はこちら
★Amazonで見る1 https://tinyurl.com/y9zj8bdl
★Amazonで見る2 https://tinyurl.com/yd26h5bd
★楽天市場で見る https://tinyurl.com/ydfrzs3r
★Kindleで見る  https://tinyurl.com/yddykakm
★Kindle読み放題 https://tinyurl.com/jqrtef5

今回紹介するのは、 出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと という本です。

本を読む人への無償の愛。
「衝撃の実録私小説!」とのことですが、言い換えるならば、小説の文体で書かれたエッセイ。読みやすいです。
ヴィレッジヴァンガードの元店長で、夫と別居して独り暮らしをはじめた著者が、出会い系サイトに登録し、実際に会った相手に本をすすめる。相手に見合った1冊を紹介してあげる。ヴィレッジヴァンガード時代に年1万3千冊の発注を一括担当していた知識を活かして。

紹介していく本は大宮エリーさんの『思いを伝えるということ展のすべて』やジョージ秋山さんのマンガ『捨てがたき人々』、あるいは詩集や翻訳小説など、多岐にわたります。

「WEBMAGAZINE 温度」での連載を加筆修正。
細かく加筆が施されています。
出てくる人物・エピソードの順番も入れ替わっているので、Web連載をチェックしていた人も改めて読むことができます。

出会い系なので、待ち合わせて、実際に会った男性がみなガツガツしている。「菜々子さんももう別居しているわけだからさ彼氏がいたっていいわけじゃない? こういう話ってあれだけど、身体のさみしさ、みたいなこととかもあるしさ」とか「次会うときは時間を気にせず、菜々子と朝まで語り合いたい」など。
そういう方向に話が常に転がってしまう要因の1つが、自分のプロフィール欄のせいだということを著者は知る。職業欄に「セクシー書店員」と書いていたせいだと(笑)。プロフィール欄を修正し、著者が本当にやりたいこと=『その人に合いそうな本をすすめまく』る願望をかなえていく。
なぜ本を人にすすめたいと思うようになったのか、その経緯も語られていきます。
出会う相手は、男性だけではありません。女性とも知り合い、本を紹介していきます。
そして再就職と離婚。新たな一歩を踏み出していく。
とても面白い。本当に面白い内容です。再就職先の面接で「クレイジー」だと言われる。エントリーシートに「出会い系サイトで実際に会った人に本をすすめている」と書いたからその奇行ぶりをクレイジーだと指摘されるのですが、クレイジーだけども真摯さと熱意と「本を読む人への愛」がある。
本への愛情、ではなく、本を読む人への愛。見返りを要求せず捧げられていく純然たる愛。
100%ピュアな愛の物語です!!

以上、興味のあるかたは、実際の商品をアマゾンなどでご確認ください。
今回は、最後までお付き合いありがとうございました。
良かったら、『チャンネル登録』をお願いいたします。

商品の詳細はこちら
★Amazonで見る1 https://tinyurl.com/y9zj8bdl
★Amazonで見る2 https://tinyurl.com/yd26h5bd
★楽天市場で見る https://tinyurl.com/ydfrzs3r
★Kindleで見る  https://tinyurl.com/yddykakm
★Kindle読み放題 https://tinyurl.com/jqrtef5

●Amazon検索する https://tinyurl.com/zlydw3f
●楽天で検索する https://tinyurl.com/hnoq7dp
●Yahoo!検索する https://tinyurl.com/m9hdfpa
●Kindle検索する https://tinyurl.com/hz96j7r

●Kindle読み放題 https://tinyurl.com/jqrtef5
●聴本 audiobook https://tinyurl.com/y7r4nevd